健康診断についての情報 


健康診断についての情報 

健康診断は、人間ドックと異なり、労働安全衛生法で一年毎に1回以上、受ける義務があり、法律で必要な検査内容が定められています。
労働安全衛生法の労働安全衛生規則第43条では、労働者を雇入れた際は、法定検診を受けさせることが雇用主側に義務化されていて、胸部X線検査、血圧の測定、尿検査など検査項目は法定化されているので省略することは許されません。
また、深夜業や異常気圧下における業務など労働安全衛生規則第13条第1項第2号に掲げる特定業務に従事する労働者に対しては、定期的に定期健康診断を行う義務があります。
このように、健康診断は義務行為で、企業や個人の私情を挟む余地がなく行われます。
健康診断の個人情報の取り扱いは、家族への病状説明、他の医療機関からの照会への回答、行政機関等による法令に基づく照会、医療保険請求事務などに限られて使用されますが、医療機関では個人情報の漏えいが起こらないよう徹底して管理されています。

ためになるまとめサイト:健康診断編

現在では、日本人の発症リスクの高い病として生活習慣病があげられます。この生活習慣病は日々の生活習慣の積み重ねによって生まれるものなので、定期的な健康診断による体の状態の把握などが重要な意味を持ちます。
健康診断は、日本においては企業などでの定期的な実施が義務となっているので、特別受けようと思わなくても定期的に行えるのですが、より精密な検査を希望するという方は人間ドックなどを利用して自分の健康管理に役立てることができます。また、こうした検査の情報はネット上のNAVERのようなまとめサイトでも簡単に情報を調べることができます。健康診断のまとめとして、企業などで実施される健康診断や人間ドックは治療ではなく、あくまで診断であるということが大切です。つまり、そうした機会に得た自分の健康に関する情報や、医師からのアドバイスを日々の生活に生かしてゆくことが重要で、病気の兆候の発見や生活習慣の改善につなげてゆくことができるのです。